ゲーム攻略

初心者向け序盤攻略と進め方「エボニー 王の帰還」【攻略】

王城レベル「エボニー 王の帰還」【攻略】

めもぱんだどすえ。

「エボニー 王の帰還」の初心者向け的な基本的な進め方を紹介するよ。

  1. 基本システム←いまこのページ
    序盤の進め方
  2. 毎日やること
    王城レベル19からやること
    王城レベル25を目指して
スポンサーリンク

文明選択

ゲームが始まったら、「文明」の選択画面になるよ。
文明は後からでも変更できるけれども、コストが掛かるから慎重に選ぼう。
別記事でまとめておいたから、どれを選べば良いか分からない人は読んでみてね。

スポンサーリンク

チュートリアル

文明を選択したらチュートリアル。
指示通りに操作すれば良いけれども、ことあるごとに登場するパズルは右上の戻るボタンを押せば後回しにできるよ。後でまとめてやるほうがやりやすいからね。
チュートリアル中に指示に従いたくない場合は、一旦アプリを再起動してみよう。
施設の場所が気に入らないときやアイテムを開封したくないときに使える小技です。

スポンサーリンク

序盤の流れ

ゲーム序盤では城の内政を強化することがメインになるよ。
施設のレベル上げや資源集めアイテム集め。
序盤で兵士の数をたくさん訓練して増やしても弱いからあまり意味はないから、ほどほどにしておこう。
序盤では対人戦で兵士がまともに戦えない弱さで、低レベルの城を攻撃しても何ももらえない上に人が死んでゆくから、攻撃はせずにただ城を強くすることに集中しよう。

スポンサーリンク

同盟加入

同盟に加入することで攻撃されにくくなる上に、様々な報酬が獲得できるから必ず加入しよう。
同盟加入するだけでも500ジェムが貰える。

加盟するグループは、なるべく人数が多い同盟ならどこでも良いよ。
ゲーム序盤から協力プレイやチャットを楽しみたいなら日本人が多い同盟にすべき。

スポンサーリンク

重要!共有ボタンを見逃さないこと

君主レベルや特定の王城レベルに上がったとき、パズルをクリアしたときに表示される共有ボタンを押して、共有先を開くだけで追加報酬が獲得できるよ。実際に共有しなくても、共有先を開いて閉じるだけで貰えるということ。

特に王城レベル6、王城レベル11になったときに表示される共有ボタンは報酬が豪華だから絶対に見逃すんじゃあない!!!!

スポンサーリンク

王城レベル11を目指す

ゲームを始めたばかりの人は、時間短縮アイテムや資源アイテムを大量使用して、できるだけ早く王城レベルを11くらいまで上げてしまおう。レベル10まではゲーム開始1日目でも簡単にたどり着くよ。王城レベルは最優先で上げた方がゲームを効率良く進められる。
王城レベル11になると基本的な施設が全て解放されるから、まずは王城レベル11。

スポンサーリンク

研究は軍カテゴリーをメインに進める

「科学院」の研究は、始めに開発カテゴリーの「建設」レベル5以上を目指して、それ以降は軍カテゴリーを中心に研究を進めよう。
王城レベル7、14、19に上げるための条件として軍カテゴリーの研究が含まれるから、軍カテゴリーの研究を先に進めておくことで効率良く王城レベル上げができるんだ。

スポンサーリンク

おすすめ君主アビリティ

序盤のアビリティポイントの振り分け方を解説していくよ。
アビリティをゲットした下段の真ん中・右・左しか選べないから注意。
例えば、1段目で「無料で建設」を選ぶと2段目は「資源生産力」か「大工の雇用期間」しか選べなくなる。

1段目Lv2は、「無料で建設」で建設時間の短縮をしよう。君主レベルを早く上げたいなら「捧げもの」。
2段目Lv6は、「資源生産力」を選ぼう。「資源生産力」は回収速度が落ちるけれど、生産力が大幅に伸びるから後々恩恵を実感できる。「大工の雇用期間」でも良いけれど、最大1日分くらいしか増えない。
3段目Lv10は、「研究速度」1択。
4段目Lv14は、「部隊の運搬可能量」を選ぶ。他2つは、対人戦をしない序盤では関係ナシ。
5段目Lv18は、「スタミナ回復」。
これ以降は、戦争関係(対人戦)のアビリティを選ばなければOK。

城の強化がかなり進んで対人戦が多くなってきたら、君主アビリティを2000ジェムでリセットして戦争に強い構成に変更することになるよ。

スポンサーリンク

資源は木材を最優先で集める

資源の中で最優先で集めるのは「木材」。
木材を色々な建設で使うのはもちろんなのだけれども、施設「市場」レベル11で解放される「闇市」という資源やジェムで商品を買うところで、最も多く消費するのが木材なんだ。
闇市では、80万の木材で100万の食料を買えたりするから、木材特化で集めておけば、他の資源も自然に集まってくるということ。

スポンサーリンク

軍隊は「騎兵」と「攻城兵器」を中心に増やす

序盤は対人戦はやらずにモンスター討伐が多めになるから「騎兵」が活躍する。
また、資源の運搬に便利な「攻城兵器」を訓練で増やしていこう。
ここでは、特に騎兵についての解説をするね。

騎兵が強い理由

「エボニー王の帰還」では、歩兵、騎兵、射撃兵、攻城兵器の4種の兵士がいるよ。
この中でモンスターとの戦闘で最強なのが「騎兵」。
簡単に説明するとモンスターとの戦闘では、基礎的なステータスのみでの対決になり、一部ステータスは影響しないんだ。だから、攻撃、防御、HPなどの基礎的なステータスが高い騎兵が有利に戦えるよ。
とりあえず、モンスターには騎兵が有利とだけ覚えておけばOK。
ただし、対人戦(PvP)では「射撃兵」が最強だから王城レベルが25ぐらいに上がってきたゲーム中盤以降は射撃兵特化の軍隊を作っていくことになるよ。モンスターには騎兵特化、対人戦には射撃兵特化、と使い分ける。

射撃兵は自分の城の防御にも活躍するけれど、モンスター討伐では相性が悪いから序盤は最低限で良いよ。

兵士の強化方法

兵士を強くする方法は色々あるけれど、大きく分けて2つ。

1つ目は、ランクの高い兵士を訓練で増やすこと。
「騎兵」を増やしたいなら「馬小屋」を優先的に強化していくこと。
2つ目は、ステータス上昇効果(バフ)を獲得すること。
バフ効果は君主装備、研究、将軍の能力など様々な方法で得られる。
特に高レアの君主装備で騎兵バフを固めるのは簡単だから、騎兵が揃ってきたらやっておこう。

後々のために、射撃兵特化用の君主装備や将軍も集めておくとスムーズに進むよ。

スポンサーリンク

将軍を育成する

軍隊を率いるキャラである将軍は、酒場で採用したり、色々なイベント等の報酬でゲットできるよ。
レア度が低いほど少ない消費アイテムで育成できるようになっているよ。
でも最終的には最高レア度エピックの金色枠の歴史的将軍しか使わなくなる。
1日1回無料で「歴史的将軍の欠片」 を入手できるストアの宝箱を毎日開けば毎月1体の金色将軍を獲得できるから、無課金にも優しめのゲーム設計。

レベルアップ

将軍をレベルアップさせるとステータスが少しずつ上がる。
レベルアップには「将軍EXP」が必要で、モンスター討伐やPvPバトル、クエスト報酬で入手可能。
将軍レベルの上限は君主レベルと同じ値までしか上がらないため、将軍レベルを上げるためには君主レベルをまず上げる必要があるよ。
安定して勝てる属州都市(NPCの城)に何度も攻撃すれば将軍EXPを効率良く稼げる。

強化

将軍を強化するとステータスが少しずつ上がっていくよ。
強化は1回6000ゴールド。ランダムで、ステータスが上昇したり、ときにはマイナスになったりするんだ。
ジェムを使う強化では、マイナスにならないようにできるよ。

限界突破

将軍レベルの条件を満たしてゴールドとメダルを消費することで、限界突破してステータスを大幅に上昇させることができるよ。
どの将軍レベルで限界突破をやっても最終的なステータスは変わらないからご安心。
限界突破レベルのことを「スターレベル」と言い、どのレア度の将軍も上限はスターレベル5まで。

歴史的将軍の将軍スキル

歴史的将軍の場合、将軍スキルを所持しているよ。
スキルは様々な種類があり、アイテムで別のスキルを付与することができるよ。

歴史的将軍は、将軍レベルを上げると「特性」を獲得したり、属州都市の市長に任命すると追加効果が付与されたりと色々お得だよ。

スキルアイテムの使い方

スキルアイテムを使うと、将軍の所持している他のスキルが確率で消えてしまうことがあるよ。
将軍の元々所持しているスキルは消えない。
また、将軍が装備しているスキルと同じ種類でレベルが上のスキルアイテムを使う場合は、スキルレベルが上書きされるよ。

だから、将軍にスキルを3つ装備させてから、同じスキルでレベルが上のスキルを使って、レベルを上げていくのが1番効率良くスキルを強化する方法。

スポンサーリンク

属州都市とは?

属州都市とは、王城レベル11で解放されるシステムで、ワールドマップ上の属州都市を攻め落として、支配下に置くことができるものだよ。
属州都市は始めは3つまで持つことができて、1つめの属州都市は最初から所持している。
属州都市は自動で施設レベルを上げて、訓練をして兵士を増やしたり、装備素材やゴールドを生産してくれるよ。
将軍を配属させることで、属州都市の発展は早くなり、モンスター討伐などに属州都市の軍隊を同行させたり、首都が攻められたときに一緒に戦ってくれたりするよ。
属州都市にはバフ効果が付いていて、属州都市の文明によって効果は異なる。

属州都市の使い方

属州都市の兵士やゴールドの生産は全く役に立たないから、重要ではないよ。
訓練や生産は遅いし、兵士は負傷することはなくて、やられると必ず死亡するからなかなか数が増えない。
首都が攻められたときに一緒に戦ってくれる設定にしていると、戦争で負けたときに属州都市に配属している将軍が全員死亡して蘇生にすごく時間が掛かるから、基本的には援軍設定はナシにしておこう。

モンスター討伐で活躍

モンスター討伐などの属州都市を同行させられる攻撃では、戦力を底上げできるから吉。
属州都市の兵士はあまり役には立たないけれど、配属している将軍のパワーが大きいから、将軍が何人も付くというだけで強い。

おすすめ属州都市

属州都市の最大のメリットはバフ効果。
序盤でオススメの属州都市はヨーロッパ文明。
建設速度が上昇して建設が早く進むようになる!
PvPが多くなってきたら、日本文明の攻撃バフで軍隊を強化しよう。

コメント 承認後に表示されるよ。早めの承認がんばります。

タイトルとURLをコピーしました