今月のおすすめ ちょびリッチ
「ロードモバイル」城レベル16 3432円
過去最高クラスの報酬額!
→ロードモバイルの攻略はコチラ
ゲームポイ活

サブアカ作成でSSR3体獲得のやり方「我が天下」大金募集で橙武将【ポイ活ゲーム攻略】

めもぱんだだよ。

「我が天下」の大金募集で橙武将を三人獲得する効率的な攻略方法を解説するよ。
橙(だいだい)とはオレンジ色のことで、最高レアリティのSSRを意味する。

三国志が舞台の戦略ストラテジー、いわゆる城ゲー。
1ゲームが短期間で終わるのが特徴で、ステージごとにレベル制限もあり、人数も少ないため、無課金でも天下統一しやすい。同盟などによるコミュニケーション要素は少ない。そんなゲーム。

このブログ記事は「我が天下」のSSR3体獲得のためのポイ活攻略です。
「我が天下」と「戦国布武-我が天下戦国編」は別のゲームです。
「我が天下」は三国志が舞台。「戦国布武-我が天下戦国編」は日本の戦国時代が舞台。

「戦国布武-我が天下戦国編」のSSR3体獲得はコチラ

スポンサーリンク

大金募集で橙武将三人獲得のポイント案件達成までの日数は何日?

「我が天下」のSSR3体入手に必要な時間は20~30日程度。
達成できるかは結局運次第だから30日でも達成できない可能性あり。
逆に運が良ければ短期間で達成できるかも。
めもぱんだは26日で達成することができたよ。

ポイ活案件の期限の最後まで諦めないでやりきろう!

スポンサーリンク

大金募集で橙武将三人獲得のポイント案件達成できる確率

このポイ活案件は、達成が運に左右されるから、達成できる確率を計算しておいたよ。
下記のブログ記事の通りにやったと仮定した場合の確率だから参考程度に。

「我が天下」で30日以内にSSR3体入手できる確率は約53%

ちなみに、4アカウント作成して、1アカウントにつき48回づつ大金募集したとして計算。
半分以上だから、かなり高いと思うよ。

1週間だけ頑張ってあとは毎日ログインしてガチャるだけだから、他のゲームアプリと並行して続けられるしでお得感。
もし、ほぼ100%達成を目指すなら、ガチャ120回x4アカウントを目指さないといけないから無理。

スポンサーリンク

高ポイントサイト経由で報酬獲得!

我が天下 大金募集でSSR(橙)3体獲得 というポイント案件があり、ポイントサイト経由でインストールすれば条件に応じて2000円前後のポイントが獲得できる高ポイント案件だよ(*´▽`*)

大金募集で橙武将三人獲得での、ポイ活サイトごとのポイントは、ちょびリッチが3432円、コインカムが2000円で高ポイントだったよ。

ちょびリッチによく掲載されているポイ活案件だから、ちょびリッチをチェックして2000円を超えていたら高ポイントだからやってみよう!
時期によって、ポイントや内容は違うからよく確認してね。

スポンサーリンク

【必読!】SSR3体入手の条件解説

大金募集で橙武将三人を獲得の詳細条件を説明しておくよ。
何が対象で何が対象外か知らないとしんどいし迷うから必読。

「SSR武将パック」「限定募集」などは条件対象外

我が天下 ポイ活案件 SSR3体獲得 詳細条件
ちょびリッチの詳細条件(6864P=3432円)

このポイ活案件はSSR3体獲得で条件達成になるけれども、「大金募集」以外でSSR武将を入手してもカウントされないから、注意してね!
具体的には「SSR武将パック」による募集、ガチャの「晋武将募集」「限定募集」「前期テーマ」「伝説募集」、イベントや任務で獲得するSSR武将などが対象外になるよ。

武将パックが対象という情報はデマ(-_-;) 大金募集だけが対象。

SSR武将の数はアカウントごとに数える

我が天下では、アカウントを4つ作成できるけれども、SSR3体入手のポイ活案件では1アカウントごとにSSR武将をカウントするよ。

スポンサーリンク

大金募集で橙武将三人獲得達成の効率的なやり方

1か月でSSR武将3体入手を目指す効率的な方法を解説するよ。
ポイ活攻略がメインになるから、戦闘の説明などは補足程度になるよ。

全体の流れ

やることは4つだけ

  • アカウントを4つ作成する
  • 毎日無料ガチャを引く
  • 毎日ログインボーナスを受け取る
  • 初心者7日任務

基本的には毎日ログインして無料ガチャと元宝5連ガチャ引くだけ。楽。
初心者7日任務はかなり簡単だから必ずやろう。

これだけやってSSR3体引ける確率は約53%(1アカウント48回ガチャ)。

アカウントを4つ作成する

我が天下では、アカウントを4つ作成することができるよ。
アカウント1つだと1か月でSSR3体引ける確率は17%程度だけれども、4つアカウントを作れば成功確率が約3倍になる。

サブアカウントの作成方法

アカウント作成と連携を4回やるだけ。
注意点もあるから順番に読みながら一緒に進めていこう。

1つ目のアカウント作成

ゲームを始めるんだ!!

リセマラも可能

チュートリアル終了後に成就(主君情報→図鑑)と初心者7日任務から報酬を受け取れば、大金募集を3回できるようになる。

SSR排出確率3%だとすれば9%程度で1体当選することになるが、5回目ごとのSR以上確定排出も含めて排出確率3%のようなので、5回目ごと以外のSSR出現確率はかなり低そう。
※最初の無料1回大金募集は紫(SR)武将「厳顔」が確定排出。

手順は、ゲーム開始→報酬獲得後ガチャ→SSR出なければアカウント作成(削除画面が出る) の繰り返し でアンインストールせずにリセマラ可能

1つ目のアカウント連携
我が天下 SSR3体獲得攻略 アカウント作成連携

アカウント連携は「Facebook」「GameCenter(GooglePlay)」でできるよ。
さらに、サーバーが2種類あるため、Facebookで2アカウント、GameCenterで2アカウントという感じになる。

1つ目のアカウントでうっかり両方ともに連携させてしまうと4アカウント連携ができなくなるから注意してね。

2つ目のアカウント作成
我が天下 SSR3体獲得攻略 アカウント作成連携

1つ目のアカウントの画面で右上の歯車マーク→「アカウント管理」→「アカウント作成」をタップ

新しくゲームが始まって2つ目のアカウントが作成されるよ。
主君の見た目(アバター)は4種類あるから、アカウントごとに見た目と名前を変えるとアカウントの区別がしやすい。やらないと4つも管理できない。

名前に1~4の番号をつけておくとさらに分かりやすい。

2つ目のアカウント連携

1つ目のアカウントと同じように連携しよう。

3つ目のアカウント作成

2つ目のアカウントで「アカウント管理」→「アカウント作成」をタップ

新しく3つ目のアカウントが作成され、タイトル画面が表示されたときに右上の「切替え」をタップするとサーバー選択ができるよ。

我が天下 アカウント作成 攻略 サーバー選択
背景も「兵貴神速」のイラストになっている

サーバーは確認時点では「武運長久」「兵貴神速」の2種類があり、1つ目と2つ目のアカウントは「武運長久」で作成しているはずだから、3つ目と4つ目のアカウントは「兵貴神速」で作成するよ。

選択中のサーバーによって、タイトル画面の背景が変わる。わかりやすい。

3つ目のアカウント連携

新サーバーを選択してゲームを始めたら、1つ目2つ目のアカウントと同じように連携をしよう。

4つ目のアカウント作成

作成手順は同じ。
すでに新サーバーが選択されている状態になっているから、そのままゲームを初めて連携に進もう。

4つ目のアカウント連携

連携手順はこれまでと同じ。

連携したら「アカウント切り替え」でいつでも切り替えができるよ。
iPhoneの場合、切り替え時に連携済アカウント以外にも「Sign In With Apple」が3つ目の選択肢として表示されて、選択するとアカウントが作成されるけれども「Sign In With Apple」には連携できないから意味はないよ。

友人になって同盟を組む

アカウントを4つ作成して、友人(フレンド)になれば同じ戦場で同盟として2アカウントを操作できるから戦闘を有利に進められる。
別サーバーのアカウントと参戦することはできないから、友人や同盟にはなれるのは2アカウントずつ。

画面右下「友人」→画面左下「検索マーク」→サブアカを検索→申請したらサブアカで承認

戦局選択後の詳細画面で[+]をタップして友人(サブアカ)を追加→そのまま出陣せずに戻ってアカウント切替→サブアカの戦局選択画面で表示されているメールマークをタップ→出陣すると2アカウントが同盟を組んだ状態で戦局スタート

毎日無料ガチャを引く

我が天下 SSR3体獲得攻略 大金募集 ポイ活案件

ポイ活案件の対象になっている「大金募集」は、22時間ごとに1回無料で引くことができるよ。
無料募集は2回まで貯まるから、44時間経過するまでに引くのがベスト。毎日引いてれば取り漏らすことがない親切設計。

無料募集以外にも元宝200個で1回、大金募集令1個で1回、元宝950個で5回の大金募集ができるよ。
基本的には950個元宝を貯めて5連ガチャしていき、ポイ活の期限が近付いたら1回づつ募集する。

つまり、元宝と大金募集令が最重要アイテム。

武将のレア度について

武将のレアリティは、緑(N)、青(R)、紫(SR)、橙(SSR)の4種類。
通常募集では緑(N)、青(R)、紫(SR)の3種類が出現。
大金募集では青(R)、紫(SR)、橙(SSR)の3種類が出現。

序盤の部隊編成は、紫(SR)武将がメインになるよ。

緑(N)や青(R)の武将は、ステータスが低いけれども武魂の強化コストが安いかったり、特定の高レア武将と組み合わせて連携効果を発動させれば活躍する場合もあり。

大金募集ガチャの確率

レア度排出率
青(R)84.5%
紫(SR)12.5%
橙(SSR)3%

5回目ごとに紫(SR)以上確定ガチャがある。
ガチャ確率はこの確定ガチャも含めた確率。

橙(SSR)が3%で一般的なアプリゲームと比較すると高い。武将いっぱい必要だから。

アプリゲームのトラップとして、3%だから100回やれば3体当たるわけでもなくて400回くらいいる。
理由は、全体数が減らないから。コイントス2回で100%表裏じゃないのと同じ仕組み。

ガチャの引き方

SSR3体入手達成を目指す上で重要なガチャの引き方を説明しておくよ。

SSR武将の重複を避ける

我が天下では、すでに持っている武将を募集で重複して当てると武魂になってしまう。
だから、同じ橙(SSR)武将を2回引いてしまうことを避けることが重要で、対策は以下2つ。

重複の可能性は低いけれども、やってしまったときのショックを考えると対策したい。

SSRを入手するたびに募集陣営を変更する

募集する前に「募集陣営」を選択することができるよ。
募集陣営には「蜀」「呉」「魏」「群」の4種類があり、募集地域によって出現する武将が全く違う。

募集画面左上部の「変更」ボタンで募集陣営を変更することができる。

SSR武将を入手したら募集陣営を変更してSSR武将を入手していない地域で募集し続けることで、武将の重複を避けられるんだ。

SSR武将パックは使わないほうが良い

使用すれば、ランダムにSSR武将を獲得できる「SSR武将パック」というアイテムがあるけれども、できればこのアイテムは使わないほうが良い。

SSR武将パックは前述の通り、ポイ活案件では対象外で、SSR武将を募集してしまうことで、大金募集のときに武将が重複する可能性を上げてしまう。

週活躍任務に挑戦していて戦力が必要なら、使っても良いかも。

毎日ログインボーナスを受け取る

我が天下 ポイ活案件攻略 ログインボーナス

我が天下では、累計ログインボーナスを毎日獲得できるよ。
29日間ログインすれば、全部で元宝900個。
画面右上「イベント」ボタンから「ログイン報酬」を開いて、報酬をタップしないと受け取れないから忘れないようにしよう!

初心者7日任務

新規ユーザー限定で「初心者7日」イベントが開催されるよ。
報酬は、任務ごとの報酬と成長値を貯めて獲得できる報酬があるよ。
任務達成ごとに成長値10が報酬についてくる。

初心者7日任務は、7日間限定ではなくプレイ開始から14日間がタイムリミット。
1日ごとに新しい任務一覧の報酬受け取りが解放されて、どの任務も初日から達成可能で14日目までに達成すれば報酬がもらえる。
ただし、その日になるまでゲーム内で任務を確認することはできない。

初心者7日任務の報酬はかなりコスパが良いから、大金募集に関係する「元宝」「大金募集令」は可能な限り入手しよう。

成長値10で大金募集令x2、成長値120で大金募集令x5を獲得できるから、どれでも良いから任務を12個やればOK。
最初のチュートリアル戦局をクリアするだけでも成長値60貯まるから簡単。

スポンサーリンク

このゲームアカウントの価値は500円

ポイ活達成でやらなくなったゲームアカウントは、「ゲームトレード」で売ろう。
利用者数100万人以上の国内最大ゲームアカウント取引専門サイトだから売れるのが早い。
登録料無料、掛かるお金は売上時手数料8.8%のみで、売上金は銀行振込と各ギフトコードで引き出せる。

販売できるのは連携解除と再連携ができるFacebookアカウントのみだよ。

「我が天下」の場合、強い橙(SSR)武将がいれば500円くらいで売れそう。
「諸葛亮」や「劉備」のような有名な武将が強い。
城ゲーは課金者が多くて売れやすい傾向にあるよ。
めもぱんだが確認した限りでは、低レベルアカウントはまだ販売されていなかったから、競争相手が少なくて売りやすそう。強い武将がいなくてもダメ元でうってみるのも良いかも。
主君レベルが低いほど気楽に楽しめるメリットがあるからアピールポイント!

販売手順
Facebookアカウントを用意するように記載しておく→売れたら「我が天下」でFacebook連携済アカウントを開く(これをやっておかないとデータが消える)→ゲームを閉じて自分のFacebookページで連係解除→相手のFacebookアカウントに連携する

会員登録時特典コード:g6aNvHQg
スポンサーリンク
めもぱんだブログ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました